バケットハット、キャップ、ストローハットなど

大人の帽子コーデ4選!おしゃれに紫外線対策

公開日:2024.06.19

おしゃれに紫外線対策! 2024帽子コーデ

屋外で過ごす時間も長くなるこの時期。実は春の今も、夏と同じぐらい紫外線が強いと言われています。そんなときは、紫外線対策をしながらおしゃれ見えも叶う、帽子コーデにトライしてみませんか?

1. ネイビーのロングワンピースと合わせてシックに

出典:WEAR

カジュアルにかぶることができ、あまり服のテイストを選ばないのが「ベースボールキャップ」。スポーティーで定番のデザインなので、持っている人も多いのではないでしょうか。

写真ではロングワンピースに合わせていますが、このようにフェミニンさのある洋服と合わせると、スポーツ感が和らぎ垢抜けた印象に。

老若男女に人気のあるベースボールキャップだからこそ、このように色使いを抑えて、シックな配色でまとめるとおしゃれ見えにつながります。

2.  バケットハットで旬のムードをプラス

出典:WEAR

今っぽさ抜群の帽子といえば「バケットハット」に注目。かぶるだけで旬のムードをプラスしてくれるアイテムです。こちらはシンプルなデザインをベースに、取り外し可能な紐がついていて、垂らしたままアクセントにしたり、軽く結んで帽子が飛ばないようにも使えてとっても便利。

ベージュ系のワントーンコーデのアクセントにプラスして、リラックスした大人の休日コーデに。

3. オフホワイトを選んで大人のこなれキャップコーデ

出典:WEAR

ダークカラーのイメージが強いキャップですが、写真のようなオフホワイトなら、季節感があり、顔まわりを明るく見せてくれる効果も。

写真のようなブラックのワンピースなど、ダークカラーのアイテムを着たときでも、どこか春夏感が出るところもメリットです。

スポーティーになり過ぎず、洗練されたキャップコーデを楽しみたい場合は、このような無地で明るい色味のデザインを取り入れるのもおすすめです。

4. コンサバ派さんにはフェミニンなストローハット

出典:WEAR

トレンド問わず、春夏の帽子として人気が高いのが「ストローハット」。写真のように太めのベルトが付いているタイプなら、よりエレガントな印象に。デニムやワイドパンツ、そしてスカートやワンピースまで、洋服を選ばずに合わせられる定番のアイテムです。

つばが少し広めのものが多く、その分、頭まわりに少しボリュームが出るように感じられることも。そのため洋服は色使いを絞るのがおすすめ。ごちゃごちゃとしたデザインは避けて、すっきり見えるようなバランスを意識すると、帽子が浮いて見えることなく、大人になじむ着こなしに。

またこちらのハットはベルト部分が黒系なので、バッグやサンダルを黒でまとめることで、より統一感もアップします。

ぜひチェックしてみてくださいね。

machiko

ファッションライター/19歳で渡英。ファッション、写真を学び、帰国後はファッション誌やアパレルブランドの販売やPRとして勤務したのち、ファッションライターに。毎日がより楽しくなるようなファッション情報をお届けしたい、という想いのもと、WEBをはじめ、雑誌、TV、ラジオなど様々な媒体で活動しています。

\ この記事をみんなに伝えよう /