コイズミ的シニアライフ探訪【第1回】前編

小泉今日子|築地本願寺でイマドキのお墓を見学する

公開日:2024.04.30

更新日:2024.05.16

新しい「シニアライフ」を小泉さんと作っていきませんか?

50代も半ばを過ぎると、なんとなくですがシニアと呼ばれる世代にぐぐっと近づいた気がしてきます。

体は少々くたびれても、気持ちはまだまだハリのある50代。小泉今日子さんは「私たちの世代は、これまでとはちょっと違う、新しいシニアライフのモデルを作っていけそうな気がしています」と言います。

来たるシニアライフを楽しむために、今から準備したり考えたりすることってどんなことだろう? そんな50代の気になることを、小泉今日子さんと探っていくルポの第一弾です。

今回は、終活。その中でも、お墓について。

2022年にお母様を弔った際いろいろ思い至ったという小泉さんと、納骨堂を見学することにしました。

小泉今日子、58歳。私なりの「終活」そろそろ考えてみようと思います

小泉今日子、58歳。私なりの「終活」そろそろ考えてみようと思います

2022年のクリスマスに母が亡くなり、そこから「終活」について考えたいなと思うようになりました。

きっかけは母のお墓をどうするかということでした。実家の近くにお寺があり、そこには私が27歳のときに亡くなった父も、10年ほど前に亡くなった8歳上の姉も眠っています。ただ母は父と離婚したあと再婚し、また離婚したのですが、名字は再婚した方のものにしていました。

意図的にそうしていたらしく、だから父の眠っているお墓に入りたいだろうかと思ったんです。2歳上の姉と、樹木葬はどうだろうかと話したりしました。生前の母にお葬式やお墓のことを聞いたこともありましたが、「なんでもいい。迷惑かけたくない」と言っていたので、そういうのが望みかもしれないね、と。

ところがそのことを母方のいとこたちに話したら、みんなが嫌だって言うんです。母のことをいとこたちは「ばあば」と呼んでいましたが、「ばあばが消えちゃうみたいで寂しい」って。

そうしたら母の弟が「うちの墓に入ればいいよ」って言ってくれました。母の両親も入っている先祖代々のお墓です。迷惑をかけるのではないかと思っていたのですが、そう言ってくれたので、母はそこに眠ることになりました。

このことがあって、お葬式とかお墓って死んだ人だけのものではないんだな、生きている人のために必要なものなのかなと思ったんです。


自分のことは「お葬式はしなくていい」って思っていますし、父や姉のお墓に入る気持ちもありません。でもそれだけではダメだろうなとも思っていて、私なりの終活というか、いろいろなところを見てみたいと思ったんです。

【はじめての終活】今日子さん、イマドキのお墓「納骨堂」を見学する

【はじめての終活】今日子さん、イマドキのお墓「納骨堂」を見学する
築地本願寺の納骨堂。漆塗りに蒔絵の施されたロッカーが並び、荘厳な雰囲気

――小泉今日子さんの終活第一弾として、築地本願寺に行きました。本館1階にはロッカー式の「納骨堂」があり、地下鉄築地駅を出てすぐの「合同墓」もあります。副宗務長の東森尚人さんの案内で、まずは「納骨堂」へ。縦に7段の“お墓”がずらり。 

東森さん ここには2200基ほどの納骨檀があります。ただ、全ての区画がご契約をいただいており、現在は新規募集をしていない状況です。

小泉さん 私は独身で子どももいないから、入った後のことが気になります。

東森さん 契約された方が「永代措置」を申し込んでいただけば、管理する方がいなくなって15年間または30年間(契約時に選んでいただきます)は、築地本願寺が管理させていただきます。その後はこれから見学いただく「合同墓」にお移しいたします。

小泉さん 照明のシャンデリアが可愛くて、思っていたイメージと全然違う。こんなところにいたらうれしいだろうなー。

【はじめての終活】今日子さん、イマドキのお墓「納骨堂」を見学する
築地本願寺の納骨堂はロッカー式。一区画に、入るだけ骨壺を納められる(※背景の開扉されている納骨壇は見本壇)

葬式もお墓もいらないって思っていたけれど…(今日子さん)

自分が死んだときのことを思うと、仕事が仕事なので大げさなことになる可能性があります。そうなると慎ましく暮らしている血縁の者が巻き込まれることになって、迷惑をかけることになるかもしれない。だったらすっといなくなりたい。そんなふうに思っています。

そしてその代わりではないですが、...

小泉今日子

1966年生まれ。1982年にデビュー。俳優として映画や舞台に多数出演し歌手、執筆家としても活躍。2015年より株式会社明後日を立ち上げ、舞台・映像・音楽・出版など、ジャンルを問わず作品をプロデュース。
 

\ この記事をみんなに伝えよう /

コメントを書く

  • avatar
    葬儀のこと、お墓or納骨堂or樹木葬など自分だけで決めかねることだと強く感じる今日この頃です。小泉今日子さんのお話しはとっても実感するところが多いです。