2017年8月28日のニュースリリース

シニア女性の6割が資産運用で「投資」
お金が増えるだけでは満足しないシニア女性の「投資」の考え方とは?
シニア女性のお金の意識調査(㈱ハルメク 生きかた上手研究所調べ)

シニア女性誌部数No.1の「ハルメク」を発行する株式会社ハルメク(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:宮澤孝夫)は、シニア女性(弊社モニター組織「ハルトモ」)を対象とした「お金の活かし方」についてのアンケート調査結果を発表いたします。


2016年に年金改正法が成立するなど、何かと話題の年金。年金受給のタイミングに直面したシニア世代は、お金についてどのように考えているのでしょうか。株式会社ハルメクの生きかた上手研究所の調査によると、シニア女性は貯蓄など「守り」の意識だけでなく、投資など「攻め」の意識も高いことがわかりました。
以下が調査結果となります。ぜひ本調査結果をご活用ください。

【調査概要】
タイトル : 「お金の活かし方」についてのアンケート調査
調査方法 : インターネット調査
調査期間 : 2017年6月13日~6月15日
回答者  : ハルトモ(シニア女性で構成される弊社モニター会員)合計199名

【調査結果サマリー】
1)  シニア女性の6割が「投資」を実施。
   中でも「投資信託」「日本株」の利用が多い
2)  60代後半が投資のタイミング。
   「日本株」は年齢が上がるにつれて実施率が高まる傾向
3)  株式投資の理由は、65歳未満「その会社を応援したい」、
   65歳以上「お得な株主優待」
4)  シニア女性の「得した経験」は、「投資・運用益」がトップ

*本リリース内容の転載にあたりましては、出典として「ハルメク調べ」と明記していただけますようお願い申し上げます。



※日本雑誌協会調べ シニア女性誌発行部数(2017年4月~6月)

当リリースの詳細は以下のPDFファイルをご確認ください。


シニア女性の6割が資産運用で「投資」 お金が増えるだけでは満足しないシニア女性の「投資」の考え方とは?(PDFファイル:617KB)

※ニュースリリースはPDFでもご提供しています。
PDFをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerはアドビシステムズ社のホームページよりダウンロード(無料)してご利用ください。


2017年のニュースリリース一覧へ戻る